ビューティーオープナーの悪評は本当?悪評の理由について徹底解説!

ビューティーオープナーには良い口コミだけではなく、いくつかの悪評が見られます。ビューティーオープナーに寄せられている悪評にはどのようなものがあるかと、その真相について紹介していきます。購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

臭いが強い

さらっとしていて、お肌への浸透がいい感じです。
次の日の朝、小さいニキビが消えていたのと、お肌の触り心地がすごく良くなっていて驚きました!!
・・・ですが・・・臭いが・・・
漢方のような・・・ナチュラルすぎて臭い・・・私は苦手です。
つけてしばらくは息をすると臭いです。
この臭いさえなければ★4つつけたいところです。引用:@cosme

ビューティーオープナーの悪評のひとつとなっているのが、成分として含まれている卵殻膜の硫黄のような臭いが強くて使いにくいというものです。

確かに卵殻膜には独特の臭いがあり、ビューティーオープナーの成分として含まれている以上ある程度臭いが気になってしまうのは仕方のないことです。

ただし臭いが強く感じられるのは塗った直後だけで、使用して時間がたつと自然に臭いは飛んでいきます。使い始めの頃は臭いが気になってしまうかもしれませんが、すぐに慣れていきます。

また、メーカー側も臭いが気にならないよう、硫黄臭の軽減のための工夫を行っています。ビューティーオープナーの成分には卵殻膜による硫黄臭を抑えるためのエッシェンシャルオイルも含まれています。

現在ではよほど臭いに敏感な人でなければ耐えられるレベルまで臭いを抑えることに成功しています。

肌に刺激がある

卵殻膜で有名なメーカーのコスメがものすごく良かったので、こちらも期待して使ってみました。

どんな化粧品でも刺激を感じないほどですが、これはなぜかヒリヒリしました。

しっとりと言うよりも、ちょっとペタッっとする感じです。
ツヤとハリは多少出た感じがしますが、うーん。
卵殻膜の効果を最初に知って期待してしまうと、ちょっと物足りない感じです。引用:@cosme

ビューティーオープナーの悪評のひとつとなっているのが、塗った部分に肌荒れやかゆみが発生するというものです。

ビューティーオープナーの成分には防腐用アルコールの一種であるペンチレングリコールや界面活性剤の一種であるポリソルベート60などが含まれています。

これらの成分は比較的身体に優しい素材から作られているものですが、それでも体質によっては肌荒れやかゆみ、ヒリヒリした感覚などが生じる可能性があります。

このようなトラブルを避けるためには、使用前に腕などの小さな範囲でパッチテストをしておくと良いでしょう。

肌のトラブルを訴えている人の多くはテストをせずにいきなりビューティーオープナーを使用してしまっています。きちんとパッチテストをして、自分の体質に合ったものであることを確認してから使用するようにしてください。

敏感肌の人は特に使用前に注意が必要です。また、正しい使い方をしていないと肌に負担をかけてしまう可能性があります。用法・用量も守った使い方をしましょう。

アレルギー症状が出る

残念ながら私の肌には合わず、使用するとポツポツと出来物が…。使用をやめたりしながら、何度か試しましたが、やはり塗ると肌が荒れる気がして、定期購入はすぐ解約しました。私のアレルギー体質が原因なのかな?
オペレーターの方の対応はとても良かったです。期待していたので、残念でした。引用:@cosme

ビューティーオープナーの悪評のひとつとなっているのが、使用するとアレルギー症状が出るというものです。

ビューティーオープナーの成分は基本的に身体に優しい素材から生成されたものが使われていますが、人によってはアレルギー反応が出てしまうことがあります。

肌荒れのトラブルと同様に、パッチテストをしておくことで激しいアレルギー症状が出てしまうことを避けられます。パッチテストで少しでもアレルギー症状が見られるようなら、ビューティーオープナーの使用は避けるようにしてください。

使用前には成分の一覧を確認して、自分のアレルギー症状を引き起こす物質が含まれていないことを確認しておくようにしましょう。ビューティーオープナーには卵殻膜の成分が使われていることから、卵アレルギーなので使えないと考えてしまう人もいます。

しかし、卵殻膜には卵アレルギーの症状を引き起こす原因である卵白は含まれていません。そのため、卵アレルギーだから絶対に使えないというわけではありません。卵アレルギーがある人でもまずはテストをしてみて、自分に使えるか試してみてください。

まとめ

ビューティーオープナー 口コミの悪評となっている臭いについては、実際に使うとほとんど気にならないようになっています。

体質によっては肌トラブルやアレルギー症状が起きることがあるのは事実なので、安全のためテストをしてから使用するようにしましょう。